コンテンツ

  1. はじめに
  2. なぜファイナンシャルプランナー(FP)で自活なのか?
  3. ファイナンシャルプランナー(FP)を取るメリット
  4. 高年収を目指すなら独立を視野に入れておく
  5. ファイナンシャルプランナー(FP)試験の難易度
  6. まだファイナンシャルプランナー(FP)になろうか迷いのある人は独学で!
  7. 本気でファイナンシャルプランナー(FP)になりたいなら短期合格目指して通信講座で!
  8. 勉強時間は作らないと生まれない
  9. 目標は自活すること!途中で投げ出さないためのノウハウ
  10. おすすめの通信講座(AFP認定研修)

はじめに

このサイトは、女が自活していくには資格が必要であり、中でもファイナンシャルプランナー(FP)がもっとも適しているという信念に基づいて作られたものです。わたしは、この考えをもって、ファイナンシャルプランナー(FP)として生きています。既婚ですが、主人に依存せずに暮らしていけるだけの経済力を身につけています。
女の自活にファイナンシャルプランナー(FP)が適している理由は大きく分けて5つあります。

  1. 女性は結婚や出産でライフスタイルが変わっていくが、ファイナンシャルプランナー(FP)の仕事は、独立にも就職にも対応でき、柔軟性を持った働き方ができる。
  2. ライフプラン(家計)については、そもそも女性の得意とする分野であり、女性の活躍が際立っている。
  3. ある程度の高収入を得ることができる。
  4. ファイナンシャルプランナー(FP)試験の難易度は高くなく、取得が比較的容易である。
  5. ファイナンシャルプランナー(FP)の知識は、生活の場で(仕事以外の場でも)役に立つ。

これの詳細についてと具体的なプラン(ファイナンシャルプランナー(FP)試験の合格勉強法)については、次のページから述べていきたいと思います。

世の中は大変厳しく、ここ数年の経済状況の悪化もあり、女の自活は大変です。簡単にお金を稼ぐ方法はありません。独身女性の平均年収は400万円以下が大半なのだそうです。失業率も高水準のままですし、一度会社を辞めてしまったら、転職も難しい状況です。独身でさえそうなのですから、主婦の社会復帰はなおさらです。

資格を取るということは、知識の証明になります。どんな立場であれ、それなりの威力を発揮してくれるものです。資格は、独身の方、共働きの方、社会復帰しようと考えていらっしゃる主婦の方、全ての女性が強く生きていくための味方となってくれます。

 

NEXT PAGE


>>私はこの教材で合格しました!